2013年11月19日火曜日

モイヤーズ&カンパニー試写会『第九を追って:ベートーベン最后のシンフォニーの足跡』

Billmoyers.com




第九を追って
20131115
今週、ビル・モイヤーズは、ベートーベンの傑作交響曲とその挿入歌「歓喜の歌」が世界に残した文化的・政治的影響を探求する新しいドキュメンタリー映画“Following the Ninth: In the Footsteps of Beethoven’s Final Symphony”(『第九を追って:ベートーベン最后のシンフォニーの足跡』)を試写します。
映画は世界の文化に第九交響曲を追い、歴史の決定的な転換点にあったドイツ、中国、チリなどの国ぐににおける、その影響の物語を紡ぎます。
ネーション誌のグレッグ・ミッチェルによる2012年の著作“ Journeys With Beethoven”(『ベートーベンとともに旅する』)は、ケリー・キャンダール制作・監督作品“Following the Ninth”にヒントを得ています。
制作:ダニエル・ヴァーガ、編集:シケイ・タン
【トランスクリプト】
0003 ビル・モイヤーズ:ジル・スタインさんとマーガレット・フラワーさんのお話をお聞きしていますと、まるで希望と活力に満ちた名状しがたい場からやってくる精神に染まっているかのように、抵抗の中にあっても喜びを忘れない、おふたりの能力に感嘆するばかりです。
BILL MOYERS: Listening to Jill Stein and Margaret Flowers, I come away with admiration for their ability to remain joyful in their defiance, as if imbued with a spirit that comes from some indefinable place of hope and resilience.

0017 わたしは、だからこそなお一層、公開されたばかりの映画、小さな逸品をみなさんにお奨めしたいのです。これは、たぶん歴史上で最も偉大な音楽作品、ベートーベンの第九交響曲についての映画であり、作曲家はこの曲にフリードリッヒ・シラーの詩「歓喜の歌」を取りこみ、この基本的に酒宴の歌だったものを普遍的な人間賛歌と呼ばれるものに作り変えました。
Which is why I’m even more eager to recommend to you a small gem of a movie that’s just been released. It’s about perhaps the greatest piece of music ever written, Beethoven’s Ninth Symphony, in which the composer took Friedrich Schiller’s poem “Ode to Joy,” and transformed what essentially was a drinking song into what has been called a universal human anthem.
0041 ベートーベンは彼自身の聴覚障害と健康不全にも負けずに決然として、不滅で崇高なあるものを表現することができましたので、わたしたちの最奥にある思いを明るみに出し、これは自分自身で言い表せないことをわたしたちに語ってくれているのだと思い知らせてくれるのです。
Resolute in the face of his own deafness and failing health, Beethoven was able to express something immortal and sublime, so revealing of our deepest feelings, that we know it is saying for us what we cannot say on our own.

0055 これが文化から文化へと旅してきた様相を考えてみてください。日本人はいま新年のお祝いにこれを繰り返し演奏しています。日本人が第九を初めて聴いたのは、皮肉なことに第一次世界大戦期、ドイツ人捕虜からでした。しかし、第九は時とともに、特に第二次世界大戦後、打ちのめされ敗れた国民が古い社会の廃墟のうえに新しい社会を築きはじめるとともに大衆化していきました。
Consider how it travels from culture to culture. The Japanese now play the Ninth over and again during their New Year celebrations. Ironically, they first heard of the 9th from German prisoners during World War One. But it grew in popularity, especially following World War Two, when a devastated and defeated people set out to build a new society on the ruins of the old. 

0118 また、3年前に日本に一撃を与えた地震と津波が15000人を超える人びとを死亡させ、つい先ほど、ジル・スタインさんとマーガレット・フラワーさんが論じたように、フクシマ原発から放射能の目に見えない恐怖がばら撒かれるきっかけとなってからの月日、意気揚々とした「歓喜の歌」は、文字通りに離れ離れになった国民を癒す力になりました。
And in the months after the earthquake and tidal wave that struck Japan three years ago, killing more than 15,000 and unleashing the silent terror of radiation from the Fukushima nuclear power plant that Margaret Flowers and Jill Stein just discussed, the triumphant “Ode to Joy” helped the healing of a nation literally broken apart.

0139 この音楽はウィーンで初演された1824年以来、このような効果を人びとに与えてきました。このケリー・キャンダール新制作・監督映画『第九を追って:ベートーベン最后のシンフォニーの足跡』と彼およびグレッグ・ミッチェルの共著書は、国から国へともたらされた、この音楽の政治的・社会的影響の物語を紡いでいます。では、試写をはじめましょう。
The music’s produced that effect on people ever since 1824, when it was first performed in Vienna. This new film, “Following the Ninth: In the Footsteps of Beethoven’s Final Symphony,” produced and directed by Kerry Candaele and a book he has written with Greg Mitchell tell the story of its political and social impact in one country after another. Here’s a preview:

0206 ジョージ・マチュー(作中):全体が、ある種の創造の物語、あるいは進化の物語なのです。最初のことは、ことではありません。無なのです。
GEORGE MATTHEW in Following the Ninth: The whole thing is a kind of creation story, or an evolution story. 
0225 いったい、それはなんでしょう? 
What on earth is that? 

0235 やがて、それが動きはじめると、神の霊が水面の上方に滞空している、ということです。
And then when it starts to move, the spirit of god hovering over the waters, what you get is:
0246 次にこの一大異変が勃発します。
And then you have this cataclysmic event.

0302 これは純粋な暴力です。原始の暴力です。ビッグ・バンです。
It’s pure violence. That is primordial violence. That is the big bang.
0312 この作品はあなたの血流に入り、するとあなたの様相を変えます。万物の完全な設計図、素粒子から銀河集団まで、すべてがここにあります。
This piece enters your bloodstream and then changes who you are. The entire blueprint of everything, all the way from subatomic particles to galactic clusters, it’s all here.

0337 封从德(フェン・コーント、作中):われわれは、われら学生との直接対話を政府に要求しました。政治改革を迫るためです。
FENGE CONGDE in Following the Ninth: We demanded the government to hold a direct dialog with us students. To push political reform.

0353 政府は拒否しました。そして、ついに3000人の学生が天安門広場に移動し、ハンガー・ストライキに入りました。
The government refused. And finally, 3000 students went down to the Tiananmen Square, hunger striking.

0407 わたしは最初の放送局を開設しました。政府システムの声をかき消すために、ベートーベンの第九のカセットテープをかけました。
I set up the first broadcast station. I put in the cassette of Beethoven’s Ninth to cover the voice of the government system.
0417 リアルな変容が出現しました。第九は、希望、連帯の感覚をわれわれに与え、すべての人民が兄弟になりました。
There was real transformation. It gave us a sense of hope, solidarity, all people become brothers.

0427 われわれはついに自由になったとまさしく感じる。われわれは人間としての尊厳を奪還している。
We just feel that we were free at last. We regain our dignity as human beings.

0437 わたしにとって、あれは希望をめざす運動でした。
For me that was a movement for hope.

0445 そして戦車と機関銃があの希望を殺したのです。
And the tanks and machine guns killed that hope.

0452 ベンジャミン・ザンダー(作中):わたしが歴史上の人物に会える機会を与えられるとすれば、それはベートーベンでしょう。一度だけベートーベンに質問できるとすれば、わたしが彼にききたい質問は、第九交響曲についてでしょう。
BENJAMIN ZANDER in Following the Ninth: If given a chance to meet one person in history, for me it would be Beethoven. The question I would ask him, if I only had one question, would be the Ninth Symphony.

0503 第九交響曲は最も完璧に、人間が求めて苦闘しているものを表現しています。人間性を求める戦いの雄叫び、可能性の賛美歌なのです。
The Ninth Symphony seems to express most completely what human beings are struggling for. It is a battle cry for humanity, a hymn of possibility.

0526 イサベル・リプタイ(作中):1973年に非常に暗い時代がはじまりました。ピノチェトが権力を掌握し、史上有数に最悪の軍事クーデターを起こしました。社会主義がもたらす、平等がもたらす夢は去ってしまいました。
ISABEL LIPTHAY in Following the Ninth
: In 1973 begins a very dark time. Pinochet took the power and made one of the worst military coups. This dream from socialism from equality was gone.

0557 レナータ・ヴィダル(作中):音楽は消されました。幸せは消されました。わたしは室内にいました。窓がひとつ、鉄格子。するとある日、わたしに音楽、ただ音楽だけが聞こえました。
RENATA VIDAL in Following the Ninth: Music was banished. Happiness was banished. I was in a room, with a window, an iron grid. And one day I heard the music, only the music.

0628 イサベル・リプタイ(作中):第九はわたしたちにとって、まるで盾、恐れ、痛みに抵抗し、暗闇に抵抗する盾みたいでした。
ISABEL LIPTHAY in Following the Ninth
: The Ninth was like a shield for us, against the fear, the pain, against the darkness.

0639 レナータ・ヴィダル(作中):最も深く、最も暗い穴のなかにいると、あの音楽は希望でした。
RENATA VIDAL in Following the Ninth
: When you are in the deepest darkest hole, that music was hope.

0659 ビリー・ブラッグ(作中):パンクといえば、実に重要だったのは、そのDIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)の側面でした。あんたは自分でできるんです。テクニックでいえば、おれは、自分がミュージシャンであるか、自信すらありません。おれはギター弾き。でも、だからといって、ベートーベン第九シンフォニー「歓喜の歌」に歌詞を書くのをよしておく理由にはなりません。
BILLY BRAGG in Following the Ninth
: The thing about punk that was really important was the DIY aspect of it. You can do this yourself. Technically, I not even sure I’m a musician. I’m a guitar player. But there is no reason why that should stop me from writing the lyrics of the Ode to Joy from Beethoven’s Ninth Symphony.

0722 ロンドン交響楽団が許可してくれたり、依頼してくれたりするのを待たなきゃならないということはありません。おれが2行の歌詞を書いたという事実が、おれに必要な正統性の証明なのです。ほら、できたじゃないか。ガキたちが歌えるような歌詞を作っちゃえば、すごい、おれにだって、できる――OK、運命の人だ、やっちまえ。
You don’t have to wait until the London Symphony Orchestra gives you permission or asks you. The fact that I’ve written the two verses is all the validation I need. There they are. And if I can make those verses singable by the kids, then great, I’ll d do that as well - ok, man of destiny, here we go-

0743 音楽はたいしたもので、気持ちを高揚させ、こころを熱中させるんです。物悲しい気持ちや楽しい気持ちを切り替えたり強めたりするんです。ベートーベンもきっとそれを深く感じていたんです。
Music is something that is mood enhancing and mind bending. You can change or enhance that melancholy feeling or that joyous feeling. And Beethoven obviously felt that deeply.

0758 あんたも想像できるでしょうが、彼がお気に入りの歌をスーパーマーケットで聞けば、死んだように立ち止まってしまって、一日が台無しになってしまうでしょう。
You can imagine if he heard his favorite song in the supermarket, it would stop him dead and mess up his day.

0834 飯守泰次郎(作中):日本人に必要、まさしく必要なのは、このベートーベンのメッセージだとわたしは思います。
TAIJIRO IIMORI in Following the Ninth
: I think Japanese people need, just need this Beethoven’s message.
0936 ビル・モイヤーズ:おわかりになったでしょうが、ベートーベン最后のシンフォニーは感動させ、鼓舞し、謎をかけます。
BILL MOYERS
: There you have it, Beethoven’s final symphony moves, inspires and mystifies.

0943 作曲家にして作家であるジャン・スワフォードはかつてスレイト誌で、その謎を詳しく調べ、わたしとしてはそれによって、いかにしてベートーベンが軍隊や葬送の行進曲の要素、それにリチャード・ワグナーが「恐怖のファンファーレ」と評した「不調和音の金切り声」を創作したのか、いかにしてそれらすべてを採り入れ、「自由や人びとの連帯を説教することなく、奇妙にもそれらを育むことを企てた偉大な典礼作品」を創造したのか、理解するのを助けられました。
The composer and writer Jan Swafford once probed the mystery of it for Slate magazine, helping me for one, to see how Beethoven forged elements from military and funeral marches , and that “dissonant shriek” that Richard Wagner saw as a “terror fanfare,” how he took all of that and created “a great ceremonial work that doesn’t just preach freedom and the unity of peoples but attempts however strangely to foster them.”

1009 流血のナポレオン戦争のさなか、「わたしの周囲に見聞きする、なんという破壊的で混乱した生、あるのは軍鼓、大砲、あらゆる形態をした人間の悲惨ばかり」と書いた、苦しみの男の作曲なのです。
Composed by a tortured man who during the bloody Napoleonic Wars wrote: “what a destructive, disorderly life I see and hear around me, nothing but drums, cannons and human misery in every form.”

1026 みなさんのような、文明の崩壊に絶望する人びと、わたしたちのような、それを報道する人びと、それを修復しようと務めているみなさんの全員が、困難で悲惨な時代のさなかから現れたものの核心――ジャン・スワフォードのことばを借りれば、「だれにも歌える、ささやかで小さな調べを観察する叙事詩的な機械の運動」をベートーベンが「構築した」、その方法の核心――を、わがものにすることができます。
So those of you who despair of the collapse of civilization, those of us who report it, and all of you trying to repair it can take heart from what emerged out of hard and bitter times – take heart from how Beethoven “erected," in Jan Swafford's words," a movement of epic scope on a humble little tune that anybody can sing.”
1048 謎であるといえば、そうです。壊れた世界にある希望と同じく謎です。
Mysterious, yes. As mysterious as hope in a broken world.






2013年10月15日火曜日

[歌のメッセージ] Garbage ピート・シーガー「世界はゴミだらけ」



ピート・シーガー「ガベッジ(ゴミ)」(歌詞つき、1996年)

公開日: 2012/01/29
「ガベッジ(ゴミ)」は、1996年リリースのアルバム『ピート』に収録されているピート・シーガーの歌。この歌にコメントは不要……ピートはすこぶる冴(さ)えている。 
ピーター・“ピート”・シーガー(191953日生まれ)は、アメリカン・フォーク・シンガーであり、20世紀中葉のアメリカン・フォーク・リバイバル運動の偶像的な人物。1940年代、全米ラジオの常連であり、1950年代初期、 The Weavers(ザ・ウィーヴァーズ)メンバーとしてヒット曲を連発し、そのうち最も名高いのがLead Belly(リード・ベリー)の'Goodnight, Irene'(グッドナイト、アイリーン)で、1950年のヒットチャートで13週間連続トップ。マッカーシー時代、ウィーヴァーズ・メンバーらはブラックリストによる排斥対象に。1960年代、ピートは、国際軍縮、公民権、環境運動を支持するプロテスト・ミュージックの卓越したシンガーとして、公の場に復帰した。
  • カテゴリ               音楽
  • ライセンス           標準の YouTube ライセンス


Garbage Lyrics    『ゴミ』歌詞
Pete Seeger                       ピート・シーガー

Mister Thompson calls the waiter, orders steak and baked potato
Then he leaves the bone and gristle and he never eats the skins;
The busboy comes and takes it, with a cough contaminates it
And puts it in a can with coffee grinds and sardine tins;
The truck comes by on Friday and carts it all away;
And a thousand trucks just like it are converging on the Bay, oh,
トンプソンさんはステーキとポテトを注文した
骨や軟骨は残すし、皮なんて喰うものか
皿洗いが下げて、咳こみ、汚しちゃう
コーヒー殻(がら)やらサーモンの空き缶やら、もう一緒クタ
金曜日にトラックが持っていく
海辺にトラックが1,000台やってくる、アァ

Garbage (garbage, garbage, garbage) Garbage!
We're filling up the sea with garbage (garbage...)
What will we do when there's no place left
To put all the garbage? (garbage...)
ゴミ(ゴミ、ゴミ、ゴミ)ゴミ!
海はもうゴミだらけ(ゴミ……)
もう捨場がなくなれば
どこへ持っていこうか?(ゴミ……)


Mr. Thompson starts his Cadillac and winds it down the freeway track
Leaving friends and neighbors in a hydro-carbon haze;
He's joined by lots of smaller cars all sending gases to the stars.
There they form a seething cloud that hangs for thirty days.
And the sun licks down into it with an ultraviolet tongue.
Till it turns to smog and settles down and ends up in our lungs, oh,
トンプソンさんはキャデラックをハイウェイに乗り入れる
炭化水素の霞(かすみ)を残しちゃう
たくさんの車がガスを星空に撒き散らす
今日も明日もガスで煮えかえる雲
お天道さんは紫外線で舌なめずり
スモッグが居座り、ボクたちの肺のなかへ、アァ

Garbage (garbage...) Garbage!
We're filling up the sky with garbage (garbage...)
What will we do
When there's nothing left to breathe but garbage (garbage...)
ゴミ(ゴミ、ゴミ、ゴミ)ゴミ!
空はもうゴミだらけ(ゴミ……)
もう一体どうしようか
空気が吸えなければ?(ゴミ……)


Getting home and taking off his shoes he settles down with the evening news,
While the kids do homework with the TV in one ear
While Superman for the thousandth time sells talking dolls and conquers crime
Dutifully they learn the date of birth of Paul Revere.
In the paper there's a piece about the mayor's middle name,
And he gets it done in time to watch the all-star bingo game, oh,
家について、靴を脱ぎ、夕刊を手にくつろいでいる
子どもたちはテレビを見ながら、お勉強
いつもスーパーマンが悪をこらしめ、お人形の宣伝
丸暗記するのは、独立の偉人たちの誕生日
夕刊の話題は、市長さんの名前の由来
時間になれば、テレビでオールスターのビンゴ・ゲーム、アァ

Garbage (garbage...)
We're filling up our minds with garbage
Garbage (garbage...)
ゴミ(ゴミ、ゴミ、ゴミ)ゴミ!
頭のなかはもうゴミだらけ(ゴミ……)
ゴミ(ゴミ、ゴミ、ゴミ)

What will we do when there's nothing left to read
And there's nothing left to need
And there's nothing left to watch
And there's nothing left to touch
And there's nothing left to walk upon
And there's nothing left to talk upon
Nothing left to see
And there's nothing left to be but
Garbage (garbage...)
読むものがなくなれば、どうしようか?
要るものがなくなれば
観るものがなくなれば
触れるものがなくなれば
歩く場所がなくなれば
見るものがなくなれば
あとに残るのは
ゴミ(ゴミ、ゴミ、ゴミ)


In Mister Thompson's factory, they're making plastic Christmas trees
Complete with silver tinsel and a geodesic stand
The plastic's mixed in giant vats from some conglomeration
That's been piped from deep within the earth or strip-mined from the land.
And if you question anything, they say, "Why, don't you see?
It's absolutely needed for the economy," oh,
トンプソンさんの工場は、プラスチック・クリスマスツリーの製造
銀色の飾りとドーム型の台も付いてくる
巨大容器のなか、プラスチック材料をこねまわす
地下から汲み出したり、地表から剥ぎ取ったりしたものばかり
おかしいといえば、「えっ、わからないの?
経済のために必要なものばかりさ」、アァ

Oh, Garbage! Garbage! Garbage! Garbage!
There stocks and their bonds -- all garbage!
Garbage! Garbage! Garbage! Garbage!
アァ、ゴミ! ゴミ! ゴミ! ゴミ!
株式に債権…もうゴミばかり!
ゴミ! ゴミ! ゴミ! ゴミ!

What will they do when their system goes to smash
There's no value to their cash
There's no money to be made
But there's a world to be repaid
Their kids will read in history books
About financiers and other crooks
And feudalism, and slavery
And nukes and all their knavery
To history's dustbin they're consigned
Along with many other kinds of garbage.
Garbage! Garbage! Garbage! Garbage!
経済が崩壊すれば、どうするのだろう
現金は、もう無価値
お金ももう稼げない
だが、世界を取り戻すのだ
子どもたちは歴史の本で読む
投資家や悪党のこと
封建制、奴隷のこと
核エネルギーと不正行為
歴史のゴミ箱はもういっぱい
いろんなゴミでもういっぱい!
ゴミ! ゴミ! ゴミ! ゴミ!

 
クリアウォーター・フェスティバルのシーガー(2007年)
ウィキペディアピート・シーガー冒頭部の抜粋――
ピート・シーガー英語Pete Seeger191953 - )はアメリカ合衆国フォーク歌手である。20世紀半ばのフォーク・リバイバル運動の中心人物の一人である。
第二次世界大戦前の1940年代から全国放送のラジオで活躍し、1950年代はじめにはウィーバーズ(The Weavers) の一員として一連のヒット作を出した。1960年代にはプロテストソングのパイオニアとして公の場に再登場し、国際的な軍縮、公民権運動を推進した。
ソングライターとしては「花はどこへ行った (Where Have All the Flowers Gone?)」(ジョー・ヒカーソンJoe Hickerson〉との共作)、「天使のハンマー (If I Had a Hammer)」(ウィーバーズのリー・ヘイズLee Elhardt Hays〉との共作)、「ターン・ターン・ターン (Turn! Turn! Turn!)」などの代表作を生み出した。スピリチュアル(霊歌)「ウィ・シャル・オーバーカム (We Shall Overcome)」を1960年代の公民権運動を象徴する歌にした立役者でもある。

近年では環境問題について訴える活動を続けている。




アップロード日: 2010/12/08
200953日、マディソン・スクェア・ガーデン「ピート・シーガー生誕90周年記念コンサート(クリアウォーター・コンサート)」録画クリップ。出演:トム・チャピン(Tom Chapin)、マイケル・マスク(Michael Mask)、オスカー・ザ=グラウチ(Oscar the Grouch

  • カテゴリ                      音楽
  • ライセンス                  標準の YouTube ライセンス